関東信越税理士会会員である税理士及びその職員・家族を加入対象として健康保険事業を行っております。

関東信越税理士国民健康保険組合

健診結果の提供にご協力ください

当組合では、年に一度「特定健診」を受診して頂くようお願いをしております。

「特定健診」は40歳から74歳の方を対象に、メタボリックシンドローム該当者およびその予備軍を減少させることを目的として、国から保険者に義務付けられた制度です。

特定健診等の受診率が低いと国に支払う拠出金の負担が増額され、組合財政に影響が出る場合があります。

人間ドックや生活習慣病健診を受診した場合は、検査項目の中に特定健診の項目が含まれているため、健診結果をご提出頂ければ特定健診を受診されたものとみなすことができます。

対象となる方は下記のとおりとなりますので、健診結果の提出にご協力ください。

対象者

対象者は、下記の3項目全てを満たす方となります。

項  目
特定健診対象者(40~74歳までの被保険者)である
当組合の契約健診施設以外で受診した(※1)
受診した健診が特定健診の【基本項目】(※2)全てを満たしている

※1 当組合の契約健診施設で受診した場合は、結果の提出は不要です。
※2 基本項目は、こちらをご覧ください。

提出書類

提出いただくものは、下記のとおりとなります。

提 出 書 類
健診結果表の写し(又は、特定健診データ入力シート
問診表(特定健診データ入力シートの「問診項目」欄をご記入ください)

※特定健診の基本項目以外を知られたくない場合は、特定健診データ入力シートの全項目をご記入ください。

提出の際のご注意

■健診結果の内容をご確認ください

特定健診を受診したものとみなすためには、基本項目全てを受診されている必要があります。
受診した健診が基本項目を網羅しているか健診結果票をご確認ください。
「特定健診データ入力シート」でのご提出の場合でも、必ず全ての項目をご記入ください。

■問診票も必ず添付してください

「服薬歴」や「喫煙歴」は、メタボリックシンドロームや保健指導レベルの判定を行う際に重要な項目です。
「健診項目」欄等がきちんと記載されている場合でも、「問診項目」欄が未記入の場合は特定健診を受診したものとみなせないため、必ずご記入又はご添付ください。

■「メタボリックシンドローム判定」及び「保健指導レベル」について

特定健診の基本項目を含んだ健診を受診した場合でも、健診結果票に「メタボリックシンドローム判定」および「保健指導レベル」の記載がない場合は、ご提出いただいた健診結果から組合で判定を行いますので未記入でも問題ありません。


ページトップ